現在のページ : HOME

借家法を知る意味は

借家法は、現在借地法や建物保護法と統合されて借地借家法と呼ばれています。
この借地法と借家法、そして建物保護法という3つの法律が合わさっているものですが、基本的には旧来の建物保護法、借地法、借家法の規定を受け継いでいます。


現在家を借りているという人は多くいますし、賃貸で生活していくとさまざまなトラブルが起きてしまいます。
突然の賃料増額や立ち退きを迫られたり、敷金が返ってこないなどさまざまなトラブルが起きた時、自分の身を守る事ができるのが借家法であり、知っておく事で得をする事も多くあります。


借家法を知っておくと、いったいどういった場面で役立つのかを知っておけば、現在トラブルが起きているという人は自分の状況と照らし合わせて、借家法を適用できるかどうかを判断する事ができます。
借家法は借家人の権利を守るための法律ですので、借家法を知る事は借家人が自分の権利を守るための武器にもなるでしょう。


どういったトラブルが借家法を適用する対象となるのか、どういった状況ならば自分の権利を守る事ができるのかは借家法を知っておかないと判断できないものです。
借家法を知っておく事は、そういった場面になった時に得をするという事でもあります。


当サイトでは借家法を知っているとどういった場面で得をするのかをいくつか簡単に紹介していきます。
法律の事なので難しいと思いがちですが、どういった場面で役立つのかを知っているだけでも、借家法で自分の権利を守る時には大きな武器となります。
現在借家についてのトラブルでお悩みの人が、対処方法を考えるきっかけになれば幸いです。


[PICK UP]
借家法や借地権の相続について無料相談出来るサイトです ⇒ 借地権 相続